所得税の源泉徴収

Vフランス国外に拠点を置いている会社がフランスで労働者を雇っている場合、次のいずれかの状況に該当します。 詳細はこちら。

フランスの社会保障料を納付している場合

フランスの社会保障料を納付していない場合

フランスでの所得税の課税対象となる給与所得を従業員へ支払うことになります。

フランスでの所得税の課税対象となる給与所得を従業員へ支払うことになります。

 

フランスの課税当局に納付するため、従業員の給与所得から所得税額が源泉徴収されます。

労働者がフランスの居住者の場合 : 従業員の給与から「雑所得の源泉徴収」を行い、フランスの課税当局に納付する必要があります。フランス税務当局の認定を受けた納税管理人の選任が必要です。

労働者がフランスの非居住者の場合 : 従業員の給与から「非居住者の源泉徴収」を行い、フランスの課税当局に納付する必要があります。フランス税務当局の認定を受けた納税管理人の選任が必要です。

フランス税務当局の認定を受けた納税管理人の選任が必要です。

フランス税務当局の認定を受けた納税管理人の選任が必要です。

A.F.Cのサービス案内:

給与所得や社会保険料が発生した場合の支払いは当社が行います。 フランス国内での銀行口座開設は不要です。弊社が全て処理致します。